fc2ブログ
    2012-06-30(Sat)

    QSVでiPhone動画に変換

    QSVを使ってH.264エンコードして、iPhoneの動画に変換する

    必要なもの
    QSVencGUI
    QSVEncC
    ffmpeg
    MediaInfo.DLL
    MP4Box(Ver0.5以上)
    出来れば、tsMuxeR、mkvmergeも用意しておく。なくてもMP4には変換できる

    任意のフォルダを作成し、全ての実行ファイル、ダイナミクリンクライブラリをその同じフォルダに置く

    続きを読む

    スポンサーサイト



    2012-06-30(Sat)

    BDAVMaker Ver.1.5.100.13 Release

    BDAVMaker

    Copyright © 2009-2012 M.Nakamura
    http://nakamura24.blog.fc2.com/
    BDAVMakerはBDAV形式のファイルを作成するBlu-rayオーサリングソフトウェアです
    本ソフトウェアを使用するためには別途、ちょっとBDAV、MediaInfo.Dll、MediaInfoInterface、rplsinfoDLL、ffmpeg、WPF MediaKitが必要です
    Panasonicレコーダの固有情報に対応しています(入力元、記録モード、ジャンル)
    チャプターの設定ができます(BDAV形式でファイルを読み込んだ場合はチャプターも読み込みます)
    ffmpegが対応できるファイルの場合、Blu-ray形式のMPEG-TSファイルにエンコードすることが出来ます

    続きを読む

    2012-06-30(Sat)

    MediaInfoInterface Ver.1.0.10.7 Release

    MediaInfoInterface - MediaInfoのインターフェス

    Copyright (c) 2012 M.Nakamura
    http://nakamura24.blog.fc2.com/

    このライブラリはMediaInfo.Dllが提供するMediaInfoDLL.csを
    使用してMediaInfo.Dllにアクセスするためのライブラリです

    使用許諾
    以下に定める条件に従い、本ソフトウェアおよび関連文書のファイル(以下「ソフトウェア」)の複製を取得するすべての人に対し、ソフトウェアの使用を無償で許可します。掲載、頒布についての制限はありません
    ソフトウェアは「現状のまま」で、明示であるか暗黙であるかを問わず、何らの保証もなく提供されます
    ここでいう保証とは、商品性、特定の目的への適合性、および権利非侵害についての保証も含みますが、それに限定されるものではありません
    作者または著作権者は、契約行為、不法行為、またはそれ以外であろうと、ソフトウェアに起因または関連し、あるいはソフトウェアの使用またはその他の扱いによって生じる請求、損害、その他の義務について一切の責任を負いません

    更新履歴
    2012/04/13 Version 1.0.1.1 新規作成
    2012/04/26 Version 1.0.5.2 blu-ray規格チェックを修正
    2012/04/30 Version 1.0.6.3 バグ修正
    2012/06/02 Version 1.0.6.4 対象のフレームワークを.NET4から.NET4 Client Profileに変更
    2012/06/17 Version 1.0.8.5 blu-ray規格チェックを修正
    2012/06/26 Version 1.0.9.6 Video_Delayを取得するように変更
    2012/06/29 Version 1.0.10.7 MediaInfoDLL.csのバーションアップ

    --------------------------
    MediaInfo.Dll - http://mediainfo.sourceforge.net
    Copyright (c) 2002-2011 MediaArea.net SARL, Info@MediaArea.net

    This program is freeware (LGLPv3+).
    See License.html for more information.
    2012-06-30(Sat)

    BDAVMaker 使用方法

    インストール方法

    それぞれライセンスが違いますので一緒に配布していません。必要なファイルは各自ダウンロードして下さい(リンク切れがあったら報告ください)
    それぞれのライセンスに従って(ほとんどがフリーウェアですが、細部は違いますので各自確認の上で)使用して下さい

    システム要件
    ・Windows 7 (x64)
    ・Microsoft .NET Framework 4 Client Profile(32bit)
    ・Microsoft .NET Framework 4 Client Profile Language Pack
    ・Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージ(32bit)
    最低限、以下のファイルが同じフォルダにあること
    BDAVMaker.exe
    ・chotBDAV.exe
    MediaInfo.dll(32bit)
    WPFMediaKit.dll
    ffmpeg.exe
    MediaInfoInterface.dll
    rplsinfoDLL.dll
    ※作者が提供するバイナリは全て32bitでビルドされています

    MP4ファイルからチャプター情報を読み込みたい場合
    mp4chaps.exe
    Matroskaファイルからチャプター情報を読み込みたい場合
    mkvextract.exe
    インテル®クイック・シンク・ビデオでエンコードしたい場合
    QSVEncC.exe
    tsMuxeR.exe
    以上を同じフォルダに置く必要があります

    続きを読む

    2012-06-25(Mon)

    Intel(R) HD Graphics ドライバ更新 続き

    >>今まで自分の環境はAPI v1.1だったので、API v1.3以降でないと出来ない色空間の指定には対応してませんでした。なので、その内に対応バージョンを公開したいと思います

    対応バージョンBDAVMaker Ver.1.5.97.12をReleaseしましたが、rigaya(QSVencC作者)さんからの情報によるとAPI 1.3 HWでは色空間に対応していないらしいです
    なのでドライバを更新してVer.1.5.97.12にUpdateしても色空間は対応していません
    インテルの対応待ち状態です
    ちなみにBDAVMaker Ver.1.5.97.12はx264を使ったエンコード時の色空間の指定も修正していますので早めのバージョンをおすすめします
    最新記事
    カテゴリ
    月別アーカイブ
    最新コメント
    最新トラックバック
    カウンター

    現在の閲覧者数:
    リンク
    アクセスランキング
    [ジャンルランキング]
    コンピュータ
    1001位
    アクセスランキングを見る>>

    [サブジャンルランキング]
    ソフトウェア
    131位
    アクセスランキングを見る>>
    RSSリンクの表示